【妻の妊娠】男性は自分の「上司への報告」を失敗してはいけない話

妊娠
悩んでいる人
悩んでいる人

妻が妊娠しました。そういえば、上司へはいつ報告すれば良いんだろう?さすがに妻へ相談せずに言っちゃまずいよな。そもそも上司に言うべきなのかな?

こんな悩みに答えます。

「ショウ」の紹介

この記事を書いている僕「ショウ」は現在一児のパパ。妻の妊娠中はもちろん、出産後も育休を2ヶ月取り、現在進行形で妻子のサポートに専念中。

奥さんの妊娠が分かり、テンションが上がっているあなたは、「上司への報告」を失敗したくないですよね。

本記事では、奥さんが妊娠したことを「いつ・誰に・何を」言うべきなのかと、報告のやり方を失敗してはいけない理由を解説しています。

この記事を読んで、職場対応をバッチリやっておけば、あとは出産まで奥さんをサポートするだけです。

男性は妻の妊娠を上司へ報告すべきなのか?

男性は妻の妊娠を上司へ報告すべきなのか?

結論、”条件付き”で絶対に報告すべきです。

なぜなら奥さんの体調不良にすぐ対応しないといけないからです。

一番優先すべきなのは奥さんの体調を気遣うことです。

例えば、上司を含めた職場に一切言わなかったしましょう。

奥さんが体調不良になり仕事どころじゃなくなった時にどうしますか?

何と言って仕事を休みますか?

経験者として言いますと、職場を味方にしておいて損はないですよ。

ショウ
ショウ

とは言え、職場の人間関係が最悪なら言わない選択もありです。これが”条件付き”の意味ですね。

男性が妻の妊娠を上司に報告しないデメリット

男性が妻の妊娠を上司に報告しないデメリット

奥さんの体調不良にすぐ対応できるように、上司には報告すべきだと言いました。

仮に報告しなかったらどんなデメリットがあるのかを知っておいて欲しいです。

あなたの職場人生は出産後も続きますから、今だけを考えてはいけないですよ。

主に3つのデメリットが思いつきます。

  • 行動で察する人がいる
  • うそを付くことになる
  • 隠し通すのが大変

かなり後ろめたいことになりそうですよね。

ショウ
ショウ

では一つずつ見ていきましょう。

行動で察する人がいる

察せられると面倒くさいですよ。

なぜなら変な噂を流される可能性があるからです。

人の噂と同じで、察した人はあれこれ詮索してきます。

ここで適当な受け答えをしていると、勝手に想像で噂を流されますよ。

噂は正しくないことを正しいかのように話されることもあります。

あとから訂正するのがもの凄く大変になりますよ。

ショウ
ショウ

面倒くさいですよね。どうせ分かるなら早く上司に言ってしまいましょう。

うそを付くことになる

何かを隠すということは「うそを付くこと」になりますね。

なぜなら一切何も話さない訳にはいかないからです。

先ほど、察した人からの詮索で「適当な受け答えをする」と言いました。

「適当な受け答えをする」とはうそを付くということです。

これで特につらいのが、信頼している人にもうそを付かないといけないことです。

気分が良いものではないですよね。

ショウ
ショウ

上司に早く言って気分を晴れやかにしたくありませんか?

隠し通すのが大変

隠し通すことははっきり言って大変です。

なぜならいろんなことに気を使わないといけないからです。

なんかもう、何のために隠しているのか自分でも分からなくなりますよ。

うそを付いたら、そのうそを隠すためにまたうそを付いて・・・

心が病んできますので、止めた方が精神安定上良いと思います。

ショウ
ショウ

やっぱり早く上司に言って後ろめたさなしで過ごしたいですよね。

男性が妻の妊娠を上司に報告するタイミング

男性が妻の妊娠を上司に報告するタイミング

報告するタイミングは必ず奥さんと相談して決めてくださいね。

なぜならいつでもOKな訳ではないからです。

妊娠16週以降のいわゆる安定期に入った後に報告するのが一般的です。

でも、もしどうしようか悩んでいるなら以下の3つを考えてみましょう。

  • つわりが酷いかどうか?
  • 信頼できる先輩がいるか?
  • 残業や飲み会が多いか?

安定期より前に報告した方が良いパターンもあります。

ショウ
ショウ

では一つずつ見ていきましょう!

つわりが酷いかどうか?

奥さんのつわりが酷いなら安定期より前に言うことをオススメします。

なぜなら奥さんのサポートをする必要があるからです。

「そもそも上司に報告すべきかどうか?」でも言いましたが、一番に考えるべきなのは奥さんの体調を気遣うことです。

つわりが酷くて寝込むこともあります。

食事もロクに食べれなくなるでしょう。

そんな時にあなたは奥さんの側にいてあげてくださいね。

職場を味方に付けておかないと仕事の都合が付けづらくなりますよ。

ショウ
ショウ

事情を知ってくれていたらお願いしやすくないですか?

信頼できる先輩がいるか?

もしいつ報告すべきかを悩んでいるなら先輩パパに聞いてみましょう。

なぜなら経験者としての意見を言ってくれるからです。

職場の事情は人それぞれですよね。

親や友達に相談しても職場の様子が分からないので、的外れな場合もあります。

職場の先輩パパに聞くのが一番的確なアドバイスをくれますよ。

ショウ
ショウ

信頼できる先輩がいれば相談するのはアリです。

残業や飲み会が多いか?

残業や飲み会が多いなら早く言うことをオススメしますよ。

なぜなら断りやすくなるからです。

今まで特に断りもせずに残業や飲み会に行っていたあなたなら、当然断りにくいでしょう。

既成事実として奥さんの妊娠があれば断りやすくなりますし、相手も納得してくれますよ。

ショウ
ショウ

こうなることを想定してそもそもムダな残業や飲み会に行くのは止めましょうね。

男性は妻の妊娠を上司にだけ報告すれば良いの?

男性は妻の妊娠を上司にだけ報告すれば良いの?

まずは上司に報告するのが1番です。

なぜなら仕事の調整が出来るのは上司だからです。

上司以外に誰に言えば良いの?というあなたは以下の3つ考えてみましょう。

  • 上司に聞く
  • 業務に影響が出る人は?
  • 周りの同僚

報告する範囲を考えるのは結構悩ましいですね。

ショウ
ショウ

では一つずつ見ていきましょう!

上司に聞く

分からなければ上司に聞いてしまいましょう。

なぜなら職場の人間関係を良く知っているからです。

これが一番確実です。

あなたの上司はあなたの仕事が誰に影響するのかを知っていますし、社内手続きのことも知っています。

上司以外の誰に言えば良いか分からなければ、上司に聞いちゃいましょう。

業務に影響が出る人は?

自分で考えれる人は業務に影響が出る人に優先して報告しましょう。

なぜならあなたを助けてくれる人だからです。

「業務に影響がある人」はあなたがいなくなると困る人です。

結果的に自分の業務に支障が出ないように、あなたをサポートしてくれるでしょう。

迷惑を掛けないためにも優先的に報告しましょうね。

ショウ
ショウ

優先順位を考えるのは超重要です。

周りの同僚

周りの同僚にも優先的に報告して良いでしょう。

なぜなら上司よりも心の距離が近いからです。

気心知れた同期や同僚がいれば、助けてくれることもあります。

損得勘定ではなく、精神的な繋がりでサポートしてくれるので、後腐れもなくやりやすいですよ。

ショウ
ショウ

その代わりお礼はきちんと伝えましょうね。

男性は妻の妊娠で上司に何を報告するの?

男性は妻の妊娠で上司に何を報告するの?

伝える情報としては次の2つになります。

  • 出産予定日を伝える
  • 育休を取るかどうか

しっかり考えをまとめてから報告しましょう。

ショウ
ショウ

では一つずつ見ていきましょう。

出産予定日を伝える

ただ「妻が妊娠しました」と伝えるだけではダメですよ。

なぜなら出産予定日と仕事の都合が重なっている場合があるからです。

例えば出産予定日にと大きなプロジェクトの発表日が重なることもあり得ます。

どうすべきかを上司に相談する必要がありますし、「どうしたいのか」も事前に決めておく必要があります。

僕は外部業者と会って話をする機会が多い職種です。

その為、出産予定日の1ヶ月前から打ち合わせの時間を短縮したり、メールやTELを多用するようにしました。

妻から呼び出しがあってもいつでも駆けつけれる準備をしていましたよ。

ショウ
ショウ

結果的に、休日の出産だったので問題ありませんでした。

育休を取るかどうか

育休を取りたいなら最初の報告で伝えておきましょう。

なぜなら上司も仕事の調整をする必要があるからです。

伝えることは「育休を取りたい」だけではありません。

どれぐらいの期間、育休を取りたいのかも明確に伝えましょう。

あなたが育休を取れば、あなたの仕事は他の誰かがやることになります。

法律上、会社は社員から育休を取りたいと言われれば断れません。

だからと言って法律を盾に強硬な姿勢を取るのは止めましょう。

謙虚な気持ちを持って、わだかまりの生まれない配慮をあなたもするべきですよ。

こちらの【重要】男性が育休を取るために職場でやっておくべき3つのことに解説しているので併せてご確認ください。

ショウ
ショウ

僕は育休を取ったので、職場の上司・先輩・後輩に感謝しています。

まとめ:男性は妻の妊娠を上司に報告すべし

まとめ:男性は妻の妊娠を上司に報告すべし

本記事の内容を、要約します。

上司に報告しないデメリット
  • 行動で察する人がいる
  • うそを付くことになる
  • 隠し通すのが大変
上司に報告するタイミング
  • つわりが酷いかどうか?
  • 信頼できる先輩がいるか?
  • 残業や飲み会が多いか?
報告は上司だけで良いのか?
  • 上司に聞く
  • 業務に影響が出る人は?
  • 周りの同僚
上司に何を報告するのか?
  • 出産予定日を伝える
  • 育休を取るかどうか

奥さんの初めての妊娠で戸惑うことばかりだと思います。

でもパパになるあなたがしっかり対応してくれると奥さんも安心して出産に望めますよ。

まだまだあなたがやるべきことはたくさんあります。

奥さんの妊娠中に男性がやった方が良いこと5つ【知って欲しいこと】でも詳しく解説しているので、是非見てみてください。

ショウ
ショウ

子どもが生まれればあなたの生活も大きく変わります。

今の内から出産後の未来も思い描いておくと良いと思いますよ。

無事に出産することを願っています。